大阪市中央区で虫歯治療、インプラント、歯科矯正、ホワイトニングをするならハローデンタルクリニック。心斎橋、長堀橋、松屋町からも近い歯科医院です。

HELLO! DENTAL CLINIC ハローデンタルクリニック

電話でのご予約・お問い合わせ 06-6251-7722

クレジットカード利用可(分割払いも可)

お問い合わせ

歯科訪問診療

高齢者の方々の中には、歯科医院へ通院したくても出来ない方がたくさんいらっしゃいます。
そんな患者様のご要望にお応えするために施設・病院やご自宅にお伺いし、
歯科治療や口腔ケアを行います。

目的と目標

お口の健康を通じて、人として豊かに生きることに寄与し、患者様の生活の質や人生の質を向上させること。

お口は様々な機能を有しており、「食べる」「話す」「飲み込む」などありますが、「感覚器」としての働きや、「免疫」にも大きく関係しております。お口の健康は、全身の健康につながると当院は考えています。

患者様とご家族様はもとより、施設や病院のスタッフなど、患者様を取り巻く関係者全員がお口の健康に関心を持ち、笑顔でお話できる環境づくりに努めています。

歯科訪問診療の重要性

お口の衛生管理を怠ると、お口の中の細菌が肺に入り込んで発症する肺炎(誤嚥性肺炎)などの全身的な病気の引き金となり、特に抵抗力や筋機能の低下した高齢者では致命傷になるケースも少なくありません。

歯科訪問診療・口腔ケアを継続することは虫歯や歯周病、口臭を抑制するだけでなく、食べる機能やお口の感覚の維持・改善、誤嚥性肺炎の抑制にもつながります。

ハローデンタルクリニックにおける歯科訪問診療の強み

歯科医師・歯科衛生士・歯科助手が1つのチームとなって定期的にお伺いして、口腔ケアや歯科治療、定期的な検診を行い総合的な口腔衛生状態の管理と改善に努めています。

歯科医師は大学病院の口腔外科にて臨床経験を積んでおり、全身管理(全身的な持病を把握した上での安全な歯科治療や口腔管理)を得意としています。歯科衛生士は訪問歯科の経験豊富な歯科衛生士です。歯科助手は介護福祉士の資格を有し、介護現場での実務経験・知識を持っております。

歯科訪問診療スタッフの人数は歯科医師21名、歯科衛生士17名、歯科助手6名、医療事務4名の総勢48名です。歯科訪問診療専用の歯を削る機械やレントゲンなど持ち運び可能な専用器材を一式取り揃えており、街中の歯科医院に通院するのとほぼ同等の診療レベルを歯科訪問診療で実現しています。

摂食、嚥下機能障害については大阪大学歯学部附属病院をはじめ、様々な医療機関と連携して診療を行っております。

訪問診療とは

通院していただく場合は、歯科医師と患者様の一対一の関係であることが多いのに比べ、歯科訪問診療は患者様、患者さまのご家族様、入居されている施設や入院施設のスタッフの方々、歯科の三つの関係が良好に保たれ、診療や口腔ケアが円滑に進むことが重要であります。そのために当院は、患者様やご家族様はもとより、施設のスタッフの方々とも密に連携をとる必要があると考えており、日々、努力邁進しております。患者様のお口の状態に関して、遠慮なく何でも聞いていただけるような環境と、お声に耳を傾ける姿勢こそがより良い、歯科訪問診療の環境に寄与すると当院は考えております。

連携 患者様 ハローデンタルクリニック ご家族様や施設スタッフ 患者様のご家族様 入居されている施設や入院施設のスタッフの方々

このような症状はありませんか?

症状1
“入れ歯がはずれやすい”“かむと歯ぐきが痛い”など
入れ歯や歯ぐき・むし歯のお悩みはありませんか?
入れ歯の調整・修理・お掃除や新しい義歯の作成を行います。むし歯・歯周病の治療を行います。
症状2
“お口のにおい”“歯の汚れ”はありませんか?

むし歯・歯周病の定期検診と専門的な口腔ケアを行い、清潔で食事のしやすい口腔環境を維持し、誤嚥性肺炎を予防します。

  • 口腔ケア前
  • 口腔ケア前
症状3
“食べこぼしがある”“むせがある”などお食事の悩みはありませんか?
“食べる力・飲み込む力”のリハビリテーションも行います。

口腔ケアで病気の予防を

誤嚥性肺炎とは

高齢者では、お口の中に汚れが残りやすくなっています。さらに飲み込む力が弱まるとお口の雑菌が気管に入り込み肺炎を引き起こします。これを誤嚥性(ごえんせい)肺炎といいます。

口腔ケアを受けると

歯科衛生士が専門的な器材を使用しながら歯、舌、入れ歯などの汚れを落とし、お口の雑菌を減らします。口腔内の雑菌を減らすことは誤嚥性肺炎をはじめ、さまざまな病気の予防につながります。さらに入れ歯を合わせて噛めるようにしたり、お口のマッサージなどで食べる・飲み込む力を強化することは栄養状態や全身に大きな効果があることが明らかになっています。口腔ケアを継続することで“肺炎は40%減少、インフルエンザは約1/10に抑えられること”が報告されています。
(秋田看護福祉大学 佐々木英忠教授の調査による)

お口の状態が良くなると・・・

会話などのコミュニケーション向上 食事がおいしくなる 誤嚥性肺炎の予防 身体機能の回復 食事介助の軽減 口臭予防 よくかめる

歯科訪問診療のお問い合わせは TEL 06-6251-7791 FAX 06-6251-7792