大阪市中央区で虫歯治療、インプラント、歯科矯正、ホワイトニングをするならハローデンタルクリニック。心斎橋、長堀橋、松屋町からも近い歯科医院です。

HELLO! DENTAL CLINIC ハローデンタルクリニック

電話でのご予約・お問い合わせ 06-6251-7722

クレジットカード利用可(分割払いも可)

お問い合わせ

口腔外科 Oral Surgery

口腔外科とは

虫歯、歯周病以外のお口のトラブルも解決します。

口腔外科は歯や歯ぐきだけでなくお口のなか(くちびる、舌、ほほ、上あご)や顎周囲の疾患に対応する診療科です。当院の歯科医師は、阪大病院や総合病院口腔外科で豊富な診療経験を積んでおり、学会認定の口腔外科専門医の資格を有しています。大学病院外来レベルの診療を目指してこんな症状の方のお悩みに対応しています。

インプラント(特に歯ぐきが痩せていると言われた方)

歯を失った歯茎の骨(歯槽骨)は萎縮していることが少なくありません。適切なインプラント治療には、少ない骨に無理に入れるのではなく、痩せた歯槽骨を増やす処置(骨造成、骨移植)を行うことで、より条件を整えることが可能です。また手術に不安の強い方、痛みに敏感な方は希望により点滴での鎮静療法(セデーション)を併用することで、ストレスを最小限にして安心・安全な処置が可能です。お気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずは最も奥に位置する大臼歯で、はえるスペースが十分にない場合は歯茎に埋もれたり、横向きになったまま出てこないことが少なくありません。一方、汚れがたまりやすく、歯みがきも十分に行き届かない場所なので周囲の歯ぐきは腫れやすく、ひどい場合は頬やのどに腫れが広がります。また、手前の歯の虫歯の原因となることも多いです。まっすぐにはえて、咬みあわせに参加している場合は抜歯の必要は少ないですが、そうでなければ周りに悪い影響が広がる前に抜歯することをお勧めいたします。

あごが痛い、口が開きにくい、口を開けるとカクカクする

歯ぎしりや食いしばりの癖、咬み合わせが原因で耳の前にある顎関節にストレスがかかると顎関節症を引き起こします。顎関節症は咬み合わせの筋肉に炎症がおこるものから関節内にずれが生じるもの、骨の変形を伴うものまで様々です。治療はストレスの原因を除去することや投薬を行います。必要に応じてマウスピースを作成します。また口が開きにくい原因は、顎関節症以外にも化膿性の炎症や腫瘍の関与も考えられますので、早めの専門医の診察をお勧めします。

歯ぎしりをしている、いびきがひどい

歯ぎしりの原因は明らかではありませんが、放置すると歯が擦りへって咬み合わせがずれたり、顎関節症の原因となります。必要に応じてマウスピースを作成します。いびきの原因はあごのかたち、はな・のどの病気などが関与しています。重症化すると睡眠時無呼吸症候群を引き起こし、日中の眠気や意識消失が現れます。耳鼻科医、内科医との連携によりマウスピース治療を行うことがあります。

口内炎がよくできる、なかなか治らない、白くなっている、しこりがある

お口のできものは、ほほや唇、舌をかんだり、とがった歯や入れ歯でできるものから、ストレスや不規則な生活によるもの、全身の病気と関連するものまで様々です。お口のできものには、処置の必要のない良性のポリープもあれば、舌がんなど口腔がんの可能性もあります。口内炎は放置せず、専門医の診察をお勧めします。

お口が渇く、ねばねばする

口腔乾燥症は加齢、服用薬剤の副作用などで唾液(つば)の量が減ることにより起こります。またシェーグレン症候群という膠原病(自己免疫疾患)による口腔乾燥であれば飲み薬で唾液を増やすことも可能です。口腔乾燥を放置すると虫歯や歯周病の原因となりますのでお心当たりの方は一度ご相談ください。

からだの病気があるので歯科治療が心配

髙血圧、糖尿病、心臓病、脳梗塞やがん治療中または治療後の方々やお薬を飲んでおられる方には、主治医と連携を取りながら生体情報モニター、緊急時薬剤など院内設備を整え、安心・安全な診療を行っています。特に血をさらさらにするお薬(ワーファリン、バイアスピリン)や骨粗しょう症のお薬、がん治療のお薬を飲んでおられる方はお申し出下さい。

口唇裂・口蓋裂の方の治療相談、歯科治療

当院の歯科医師には、阪大病院や府立母子センター口腔外科で口唇裂・口蓋裂の診療に従事していた歯科医師がおります。新生児から乳幼児、学生、成人の方まで治療相談や虫歯・歯周病治療に対応しております。