大阪市中央区(長堀橋駅・松屋町駅)の歯科・歯医者。インプラント、ホワイトニング、親知らず治療、歯科訪問診療ならハローデンタルクリニックへ。

HELLO! DENTAL CLINIC ハローデンタルクリニック

電話でのご予約・お問い合わせ 06-6251-7722

クレジットカード利用可(分割払いも可)

お問い合わせ

口腔粘膜疾患外来 Diseases of the Oral Mucosa

口腔粘膜疾患外来とは

口の中は粘膜に覆われており、そこには「がん」やウイルスなどの感染疾患、免疫に関連した病気が生じます。この度、地域医療に貢献すべく、口腔粘膜の病気の専門外来を開設しました。診察は永年、大学病院口腔外科で口腔がんや口腔粘膜の病気の診断・治療に従事してきた専門家が担当します。口腔粘膜疾患の中には、命に係る病気や全身疾患の一症状もあります。わかりやすく病気の説明を行い、必要に応じて、連携を取っている専門機関への紹介をも含め、適切な治療を受けていただくことができます。「口の中にできものがある・口内炎がなかなか治らない・『がん』ではないか?と心配だ」などのお悩みのある方は是非来院し、ご相談下さい。がんは初期には痛みなど自覚症状はありませんので、定期的な口腔粘膜検診も重要です。

口腔粘膜疾患について

口の組織は粘膜上皮に覆われています。この口腔粘膜にはいろいろな病気が生じます。ウイルス、細菌、真菌(カビ菌)などの感染症、薬物、食物などのアレルギー性疾患、免疫が関連した病気、「がん」などの腫瘍にくわえて、全身疾患の症状が口腔粘膜に現れることもあります。原因不明の炎症の病気や治療の難しい病気もよく生じます。悪性の病気もあり、正しい診断を得ないと命に係ることもあります。

口腔がん

悪性腫瘍を「がん」と呼びます。「口腔がん」では粘膜の表面から発生する扁平上皮癌が多数を占めます。不幸なことに口腔には良性腫瘍より悪性の方がより多く発生します。部位では舌縁(舌の横)が最も多く、次いで歯肉や口腔底(舌の下)の癌もよくみられます。

症状は、白斑(白くなる)、紅斑(赤くなる)、びらん(ただれ)、潰瘍、腫瘤形成(しこり)が主なものです。歯肉炎、口内炎、褥瘡性潰瘍(入れ歯などによる傷)などの疾患と間違えられることもあります。専門医でも、診断に苦慮することがよくあります。その診断には経験と知識が必要です。

また、口腔にはがん化の潜在性のある前癌病変がいくつかあります。その中でよく見られるものは口腔白板症、口腔扁平苔癬、口腔カンジダ症と呼ばれるような疾患です。癌に変化することがあるので年に数回の定期的観察が必要です。

白板症と診断されていたが、実際には初期の表在性舌癌
進行した舌癌で深いしこりと潰瘍がみられる
舌の紅板症
(紅板症は初期癌、上皮内癌であることが多い)
口腔底の白板症
(舌の裏の白板症)
口腔扁平苔癬
(紅色の粘膜に白い網目模様が特徴で、免疫やウイルス性肝炎が関連した原因不明の病気で治癒が難しい)
口腔カンジダ症
(免疫が低下した時や、長期に抗生物質を投与されたときなどに、口の中にカビが繁殖する)

担当医紹介

白砂 兼光

Kanemitsu Shirasuna

経歴

1970年大阪歯科大学歯学部卒業

1970年大阪大学歯学部 口腔外科学第一教室入局

1981年大阪大学歯学部附属病院 講師

1987年大阪大学歯学部口腔外科学第一講座 准教授

1995年九州大学歯学部顎顔面口腔外科 教授

2000年九州大学大学院歯学研究院 教授

2009年広島大学大学院医歯薬学総合研究科 特任教授

2009年九州大学 名誉教授

所属学会

日本口腔外科学会指導医、名誉会員
日本口腔科学会元副理事長、学会誌元編集委員長、名誉会員
日本頭頸部癌学会元理事
日本口腔腫瘍学会元理事
日本顔面神経機能学会元理事長
その他、米国癌学会、日本癌学会、日本癌治療学会を通じて癌研究に従事

書籍

松矢篤三、白砂兼光 編。「口腔外科学」第2版 医歯薬出版 2000年

白砂兼光、古郷幹彦 編。「口腔外科学」第3版 医歯薬出版 2010年

白砂兼光 編著 「歯科医院でみる 口腔がん 早期発見ガイドブック」 医歯薬出版 2012年